宇都宮プライム矯正歯科

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:028-601-7882

お知らせ

Japan Invisalign Forum 2016

こんにちわ!

宇都宮プライム矯正歯科 院長の山田です。

今回は少し専門的なお話となってしまいますが、ご容赦ください^^;

 

木曜日は祝日でしたが、Japan Invisalign Forum 2016 に参加して最新のインビザライン治療を学んできました。

なんといつも学会などでお世話になっている渡邉洋平先生にお会いできました♪

インビザラインフォーラム2016

せっかくなので記念写真をパシャリ。インビザラインの症例数が全世界で400万人を超えたとの事で、どれだけインビザライン治療が世界中で行われているかが良く分かりますね!

渡邉先生は今月福島で、わたなべ矯正歯科(http://www.watanabe-orthodontics.jp/)を28日に開院されるとのことでした!ご開院おめでとうございます!!

渡邉先生は大学病院や矯正歯科専門の医院で、多くの業績を残された矯正専門医です!内覧会は26日(土)27日(日)に行われるとのことで、お近くにお住みの方も、そうでない方も、歯並びに興味をお持ちの方は、気軽に足を運んでみるのをオススメします(^^)

 

 

さてフォーラムですが、とても勉強になる情報がたくさん詰まっていて、有意義な時間を過ごすことができました!

アライン社より、次世代のG7アライナーが発表されましたが、この最新マウスピースはインビザライン矯正医なら誰もがその難しさを体感している、上顎側切歯部のステップや歯根傾斜の改善に長けていて、また臼歯部のオープンバイトを防止する役割も組み込まれるとの事で、これは期待せずにはいられませんね♪

 

さらに著名な先生方による最新のインビザライン治療の講演も拝聴することができました。

土岐先生は、小児期、特に混合歯列期における矯正治療の選択肢として、骨格的なコントロールのみではなく、インビザラインティーンを用いた、スペースゲインと萌出誘導を行う手法を紹介されていました。またインビザラインティーンを小児だけではなく、成人治療で使うメリットや、バイトランプを効果的に使う手法も紹介され、インビザライン治療の選択肢が広がる素晴らしい講演でした。

インビザラインティーンはうちの医院でも積極的に取り入れていく予定でしたので、成人だけではなく、子供の患者様でも見えない、目立たない矯正治療をここ宇都宮で受ける事ができます。子供だって目立つ装置は嫌なものです。

 

今回講演されたのはインビザラインで最先端の矯正治療を行っている先生方です。

その先生方ほぼ全員が言及していた事があります。

「インビザライン治療は、患者様の協力なくしては成り立たない」ということです。

例えどんなに熟練したインビザライン矯正医が最高のクリンチェックを作り、どんなに精密なマウスピースをアライン社が作製したとしても、それを規定の時間使い、さらにマウスピースと歯を隙間なくはめ込む努力を患者様が怠った場合、そのマウスピースは最高のパフォーマンスを発揮することはないということです。

実際にほとんど同じような歯並びの方で、同じように作ったマウスピースだったにも関わらず、治療結果に大きく差が出てくることがありました。

歯の動き方に個人差があるのは言うまでもないことですが、それ以上に使用時間としっかり隙間なくはめ込む努力に治療結果が大きく依存するというのは、我々インビザライン矯正医の共通の認識となっています。

 

しかし、もしもマウスピースの使用時間の不足や使用方法の不備により、満足のいかない治療となってしまうことがあれば、それは我々矯正医側にも多くの責任があったと思うのです。

使用時間の不足も、使用方法の不備も、患者様のインビザライン治療への認識不足からくるものと考えられます。

当院では、インビザライン治療でどのようにして歯は動いていくか、インビザライン治療の得手不得手、メリット、デメリット、補助装置の説明などをゆっくりと時間をかけて分かりやすく説明し、患者様が納得して、長時間使っていただけるように最大限の努力をしていきます!

矯正歯科医とスタッフが一丸となって、患者様の治療の手助けをした結果、患者様が装置を頑張って使ってくれて最高の治療結果を残せる。こんな二人三脚ができたら、治療後は患者様だけでなく、みんなが最高の笑顔でいられますね!