宇都宮プライム矯正歯科

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:028-601-7882

見えない矯正 インビザライン

インビザライン治療って知っていますか?

invisalign

「インビザライン」はワイヤーを使用しないマウスピース型の矯正装置です。
今までワイヤーに抵抗があり歯並びを治すことをためらっていた方にも向いている矯正治療です。

インビザライン

このような方におすすめしています

  • ワイヤーが嫌で今まで治療できなかった方

    見た目が気になるワイヤー矯正は、特に10代のお子様にとってはたいへんなコンプレックスになる恐れがあります。

  • 矯正治療を受けているのを他人に気づかれたくない

    インビザラインは透明な材質であるため、実際に付けていてもほとんど気付かれることなく矯正することができます。

  • 矯正治療中も食べたい物を食べたい

    食事されるときなど、いつでもどこでも簡単に取り外すことが出来るのもインビザラインの持つ大きな特徴です。

  • 痛みの少ない治療を受けたい

    勉強や仕事に集中する上でも、痛みは極力少なく矯正治療を受けられるのもインビザラインの大きな特徴です。

  • できるだけ医院に来院する回数を減らしたい

    従来のワイヤー矯正治療に比べ、インビザラインの治療による期間中の来院回数は半分です。(約2ヵ月に1度)

  • 就活に合わせて目立たない装置で治療を受けたい方

    透明なマウスピースによる矯正ですので、ほとんど気付かれることもなく、もしもの時は簡単に外すこともできます。

  • 結婚式の前に目立たない治療で歯並びを治したい

    矯正を急いでいる方におすすめなのが加速矯正治療です。OrthoPulseを使った画期的な矯正方法です。

医療法人プライムオルソでは2008年のインビザライン導入以来、今まで多くの皆様にご使用いただいております。
インビザラインによる矯正治療をさらに良いものにするため、院長や医院のスタッフもインビザラインによる自身の歯の矯正治療をおこない、得られた結果を基に研究を重ね、治療に活かしております。

理事長もインビザラインを使用中です

まだ治療途中ではありますが、治療結果には正直驚いていて、インビザラインでは対応が難しいかもしれないと想定していた問題も確実に治療が進んでおり、最近では自分の歯を使ってどうすればより理想的な治療ができるかを実験していたりします。

クラスのみんなにも気がつかれずに矯正治療ができたと喜んで頂けました。

患者様は歯並びが気になっていたのですが、ワイヤーが目立つのと恥ずかしいと思っていたそうです。 実際に当院でインビザラインのマウスピースを手にとって見て頂き、「これなら目立たないし、あまり痛みもなさそうだし、これでできたら良いな。」と思っていただいたようです。

人前でも口元を隠さずに笑顔が見せられるようになり、笑顔に自信を持って頂けました。

治療前は矯正治療を迷っていたようですが、治療相談会にご参加頂き矯正治療を決心していただきました。 治療前は笑うときになるべく口を閉じるようにしていたそうですが、今ではキレイな歯を見せて笑っていただけるようになりました。

インビザラインの特徴

従来の矯正治療は、歯に器具やワイヤーをつけておこなうのが一般的でした。ところが、仕事などで人前に出る機会が多かったり、ワイヤーの違和感や見た目がいやという方など、矯正治療には審美性に関して患者さんの色々な思いがありました。
それを解決するのがインビザライン(invisalign)です。取り外しのできる透明な装置で歯並びを治します。透明で目立たないので、人目を気にせずにすむのです。

現在では世界中の歯科医療機関で取り入れられており、全世界で受診者は140万人以上にのぼり、年々増加を続けております。日本では、2006年2月より正規導入がスタートいたしました。

ブラケットやワイヤーを使用する従来の矯正装置と違い、インビザラインは装着していても外見上はほとんどわかりません。特に自分で取り外しができる事が大きな特徴で、食事も歯磨きもいつも通りできます。従来の矯正装置のデメリットが気になって治療に踏み切れなかった患者さんにとっては朗報といえるでしょう。

海外では、インビザラインのテレビCMが放映されていたり、テレビドラマでもインビザラインの話題が登場しています。
また、有名な俳優やハリウッド女優の中にもインビザラインを使用している人がいます。

インビザラインのメリット

  • 見えない.目立たない
  • 取り外しができて衛生的
  • 痛みが軽くて快適
  • ワイヤーに比べて虫歯になりにくい
  • 実際のの治療前に3Dシミュレーションで治療後の歯並びを見られる
  • 通院回数が少ない

インビザラインのデメリット

  • 患者様の協力度に治療結果が左右される
  • 治療期間がワイヤーより若干長め
  • 一時的にワイヤーを用いなければならないことがある
  • 10代のための歯列矯正 インビザライン ティーン
  • 加速矯正治療 時間に余裕のないあなたへ
  • こどもの矯正治療
  • 中高生の矯正治療
  • 成人の矯正治療

インビザラインで治療できる症例

掲載している症例は一例です。各項目をクリックすると歯の動く様子を動画でご覧いただけます。

  • でこぼこ歯
  • 歯と歯の隙間
  • 上の歯が出ている
  • 下の歯が出ている
  • 上の歯が下の歯を隠している
  • 前歯が噛んでいない

インビザライン治療の進め方

  1. 無料相談
  2. 精密検査
  3. 治療計画のご案内
  4. 型取り
  5. マウスピースの制作
  6. 治療開始
  7. 定期チェック
  8. 全マウスピースの装着完了
  9. 定期チェック・メンテナンス

もっと詳しく

インビザライン・プラチナエリート・プロバイダー認定の医療法人

このたび、医療法人プライムオルソ宇都宮プライム矯正歯科はインビザライン治療の実績実績を評価され、アラインテクノロジー社より、インビザライン・プラチナエリート・プロバイダーに認定されました。
アラインテクノロジー社の認定ランクはブロンズから始まり、症例数に応じてブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、プラチナエリート、ダイヤモンドとランクが上がっていきます。正確な数値は公表されておりませんが、 現在プラチナエリート以上の認定は日本全国でもまだ50程度(2017年10月現在)で、インビザラインを導入している歯科医院の中でごく僅かな医院のみが認定されています。

さらに、プラチナエリートの中でも日本矯正歯科学会の認定医となるとまた数が少なくなります。 症例数や学会認定だけで治療の良し悪しが決まってしまうものでは決してありませんが、少なくとも一定以上の知識や経験を保証するものとして一つの指標にはなります。
当院では従来のワイヤー矯正治療において培った知識を基にして、インビザライン治療においても患者様にとって最も理想的な治療結果を達成することに重点を置き診療を行っております。

インビザラインの革新は実際に治療し、さらに最新の情報を収集し、研鑽を積み重ねることでのみ達成されるものです。今後も認定にふさわしいより精度の高い治療を提供すべく、日々努力を重ねて参りたいと思います。

よくある質問

  • インビザラインで矯正治療できない症状はありますか?

    以前はインビザラインでは治療が困難だと言われていた症状として小臼歯抜歯を伴う治療はなどが挙げられます。しかし、インビザラインによる治療の進歩に伴い、最近は抜歯矯正も日常的に行われるようになりインビザラインでは治療ができない症状は限られています。
    外科手術を併用する矯正治療などは制度上、現状では治療を行うことができません。

  • 歯を抜かないで治ると聞いたのですが?

    矯正治療において歯を抜く必要があるかどうかは、治療方法によって決まるわけではなく、どのように歯を並べる必要があるかで決まります。ですからインビザラインだと抜歯する必要がないということはありません。

  • マウスピースはどのくらいの期間装着しますか?

    マウスピースの装着期間は歯の移動量の大小によって変わってきます。マウスピース1個での移動量には限界があるため一般論としては歯の移動が大きい治療ほど長くなる傾向があります。 また奥歯を後方に移動して凸凹を改善する治療では同時に複数の歯を移動させることができないため必要なマウスピースが多くなります。
    インビザラインによる治療でもワイヤーを用いた治療を同様に約2年程度の期間が一般的ですが、患者様の症状によって治療期間は異なるため一般論はあまりあてになりません。

  • インビザラインでの治療は痛いですか?

    どのような治療方法で歯並びを治しても、歯の移動が起こる際には必ず痛みが発生します。ですからインビザラインで治療を行ったから痛みがないということはありません。 ただ、インビザラインでは歯が移動するときに歯にかかる力が小さいため、ワイヤーを用いた治療に比べると痛みが小さいと言われています。

  • インビザラインを使用している期間中の食べ物の制限はありますか?

    インビザラインは食事の際に取り外していただき、食後にまた装着して頂きます。ですから堅いモノを食べて装置が壊れるというトラブルがありません。基本的に食事の制限はありませんので治療中も普段通りに食事を摂って頂くことが可能です。

インビザラインをご検討の皆さまへ

山田 雅一

山田 雅一

  • 平成20年 東北大学歯学部矯正科 卒業
  • 宇都宮プライム矯正歯科 院長
  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • インビザライン プロバイダー

矯正治療の素晴らしいところは、見た目のコンプレックスを無くし、人前で笑う事に抵抗がなくなったり、ひいては自分自身への自信につながっていくところです。
これは他の歯科治療には無い特別な点なのではないかと思います。
どんどんきれいになっていく歯並びを、患者さんと一緒に見て喜んでいけることは、矯正治療を行っていて何よりもやりがいを感じる瞬間です。

もちろん矯正治療は、見た目だけではなく、機能的にも理想的なかみ合わせを作る事がゴールです。ですから、きれいな歯並びを作ることは、咀嚼の効率を良くして、顎や消化器系に与える負担を小さくすることにもつながります。
また歯のガタガタが無くなることで、歯磨きが格段にしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを減らして歯の寿命を長くすることにもなります。
歯並びで気になることがあればまずは、お気軽にご相談にお越しください。

久保田 衛

久保田 衛

  • 平成11年 東北大学歯学部矯正科 卒業
  • くぼた矯正歯科クリニック 院長
  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • インビザライン プラチナエリートプロバイダー

皆様は矯正治療にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
歯並びが綺麗になるのは良いのですが装置が目立ちそう、痛そう、違和感が大きそうなど、様々なマイナスのイメージを思い浮かべるかもしれません。けれども、それはもう過去のことです。

近年、矯正治療にはこれまでの概念を覆すパラダイムシフトが起こりました。つい数年前までは、歯並びを治すためには歯の表面に矯正装置を接着しワイヤーを用いなければ正確な歯の移動を行うことはできないと言われていました。しかし、3次元のシミュレーションを用いた正確な歯の移動計画を立案しその計画に合わせた歯の移動をマウスピースを用いて行う全く新しい矯正治療が開発され、矯正治療はワイヤーによる治療とは別の次元に変わろうとしています。
このインビザラインと呼ばれる治療法は世界中で400万症例以上の治療が既に終了し、アメリカやヨーロッパなど矯正先進国と言われる国々では、インビザラインが矯正治療の主流になりつつあります。この治療法の進歩はめざましく、ワイヤーを用いた治療と同等の高い精度の治療結果も得ることができるようになってきました。

当院では2009年からこの治療法をによる治療を開始し、現在では国内で症例数の多い医院の一つとなっており東北地方におけるインビザライン治療をリードして参りました。
日本ではまだインビザラインに関する最新の情報は得ることが難しいため、私は世界中の学会や研究会に参加して各国のトップドクターから最新の知見を学び、時には国内外の様々な矯正医と情報交換を行うことで、常に最新の治療を提供することを心掛けております。
様々な学会や研究会等でインビザラインについて発表を重ねた結果、2016年にはインビザラインのメーカー主催のセミナー講師を依頼され、現在ではインビザラインに興味がある歯科医の方々に治療ノウハウを提供する役割も担っております。
当院では常に最新の情報に基づく精度の高い治療を目指しており、安心してインビザライン治療を受けて頂く体制が整ったと自負しております。

どちらかといえば辛いと思われていた矯正治療を、より快適に明るい気持ちで受けていただけることが私の願いでもあります。当院では患者様と積極的にコミュニケーションを図り、できるだけ満足度の高い治療と快適な診療環境を整えることに力を入れております。

これからも患者様の気持ちに寄り添い、地域の方々に喜んで頂ける医院を目指して進んで行きたいと思っております。皆さま、ご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

無料カウンセリングのご案内

当院では、いま話題の見えない矯正「インビザライン」の無料カウンセリングをおこなっております。
矯正治療をご検討中の皆様に実際にインビザラインを手に取り、触れて頂くこともでき、たいへん好評を得ています。
実際に治療にかかるお見積もりや治療方針、スケジュールなどのご説明もいたします。
この機会に、ぜひご自身の目でお確かめください。

予約受付:028-601-7882

カウンセリング受付フォーム
9:00~12:00-----
13:00~20:00----
14:00~18:00-----

休診日 月・木・祝祭日