宇都宮プライム矯正歯科

無料矯正相談 オンライン予約

TEL:028-601-7882

診療内容

リンガル -裏側からの見えない装置-

目立たない矯正装置のひとつとして、リンガルブラケットシステムがあります。リンガルブラケットシステムは歯の裏側(内側)にブラケットとワイヤーを装着するので、矯正していることがほとんど解りません。周りの人の視線を気にせずにキレイな歯並びと健康的なかみ合わせを手に入れることができます。接客業など審美的制約の多い職業の方々に大変喜ばれています。

入学式、卒業式、成人式、結婚式など人生の様々な記念日も装置を気にせず笑顔で迎えられます。皆さまにとっての大切な行事に合わせた治療計画を立てることができます。

トミー社の「クリッピーL」を採用

クリッピーL
当院で採用しているトミー社の「クリッピーL」は「セルフライゲーションシステム(※)」を採用しています。医師による操作性が良く、患者さんへの負担が軽くてすみます。
ブラケットの高さを低くすることができるため、従来の舌側矯正の大きな悩みとなっていた、発音障害も気になりません。

※セルフライゲーションシステム

普通、歯の表面につけるブラケットとワイヤーは細い針金で結んで固定されるのですが、そうするとワイヤーとブラケットの間に摩擦が生じてしまい、歯の動きが遅くなってしまいます。
セルフライゲーションシステムでは、ワイヤーとブラケットを結ぶのではなく、ブラケットとワイヤーをシャッターと呼ばれるものでフタをします。フタをすることにより、摩擦抵抗が大幅に減り、歯の動くスピードが向上するのです。
また、セルフライゲーションシステムでは細いワイヤーを使うため、治療中の痛みも減り、通院の回数も少なくて済むようになりました。

従来と比べブラケットのサイズが小さくなり、全体的に丸みがかった形状に改善されています。
小さくなり丸みを帯びることで、今までの問題点である「話しづらい」「食べにくい」などの悩みが大幅に改善され、矯正中のブラッシングもしやすくなりました。

特長

「クリッピーL」の採用により、これまで矯正歯科で主に使用されていたの裏側矯正治療用の装置に比べ、幅・厚みとも半分以下。全体的に丸みを帯びた形状で、口内での異物感にも配慮されるようになりました。舌を歯の裏にあてて発音するサ行・タ行・ラ行などの発音にもほとんど支障がありません。
ワイヤーとの摩擦も少なく、歯のがたつきなども改善。従来よりスピーディーに歯を移動させることができるため、治療期間も短縮できます。また、汚れや歯石が溜まりにくく、普通の歯ブラシによるお手入れで清潔に保てます。

ご要望に応じた使い分け -「ハーフリンガル」と「フルリンガル」-

ハーフリンガル

ハーフリンガルは、上あごを舌側矯正(裏側矯正)、下あごを通常の表側矯正で治療する方法です。
笑ったときに上の歯しか見えない方(スマイルラインが高めの方)におすすめです。上下とも舌側矯正にするよりも費用が少なくて済み、近年人気の矯正歯科治療です。表側矯正をする下あごに透明な装置を使用すれば、下あごの矯正装置もあまり目立ちません。しかし、笑った時や話す時に下の歯が見えやすい方は、装置が見えることがあります。

フルリンガル

上あご・下あごの両方に舌側(歯の裏側)に装置をつけて行う矯正治療で、普通に会話したり食事をしたりする場合でも前からは見えにくいので、顔を出すことの多い芸能関係の方、接客業の方、就職活動などを予定している方など、周囲に気づかれずに歯科矯正を行いたいという方におすすめです。
従来の矯正装置の約半分の大きさになった小型の舌側矯正装置「クリッピーL」を使用することで快適さもアップ。舌側矯正にありがちだった舌への不快感、歯の痛み、発音のしにくさなどのマイナス要素も大幅に軽減されます。

舌側矯正のメリット&デメリット

メリット

  • 外から矯正装置が見えないため、治療中も周囲の人にほとんど気づかれません。
  • 上下とも歯の裏側に装置を付けるため、口元に厚みが出て外見が変化する心配もありません。
  • マウスピース装置と比べて確実に歯を移動させることができます。
  • 見た目が気にならない分、ストレスも溜まりにくく、普段と変わりなく生活できます。
  • 矯正治療しながらホワイトニングもできます。

デメリット

  • 個人差はありますが、発音や口内の違和感などに慣れるまで時間がかかる場合があります。
  • 表側矯正に比べると、多少の時間と料金がかかります。